イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB  レビュー 使用感 火力 など

アウトドア

コンパクトバーナーを初めて購入したので使用感などを紹介したいと思います。
アウトドアにぴったりなコンパクトに持ち運べて、リーズナブルなバーナーを紹介します

初めてバーナーを使う方にもオススメできると思います。

↓組み立てや使い方の紹介もしていますので、ぜひ見てみてください↓

商品紹介 イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

・スペック

まずはカタログスペックです。

よく比較されるSOTOのST-340シングルバーナーも比較としてまとめました。

イワタニ CB-JCBSOTO ST-340
本体サイズ
(幅×奥行×高さ)
使用時 155×155×127mm
収納時 82×68×109mm
幅166×奥行142×高さ110mm(使用時・本体のみ)
幅140×奥行70×高さ110mm(収納時)
重量約274g約360g
最大発熱量2.7kW(2,300kcal/h)3.3kW(2,800kcal/h)
連続燃焼時間約2時間(イワタニカセットガス1本)約1.4時間(ST-760 1本使用時)
価格約3800円 (amazon 2023/1/14)約8000円 (amazon 2023/1/14)

比較してみると、イワタニのほうが一回り小さく軽い特徴で、
SOTOのST-340は火力に優れているというスペックになっています。

値段が倍近くあることを考えると、初めて購入するバーナーとしてはイワタニがコスパが良いのではないかと思います。

・外観

収納時

思いのほかコンパクトに収納されていて驚きました。
手のひらとほぼ同じサイズで、カセットボンベと比べても2周りくらい小さいサイズ感です。

展開時バーナーとボンベ

実際にイワタニのバーナーに触れてみても、安っぽい感じはなく、つくりはそこそこしっかりしているといった印象を受けました。


ただし、専用ハードケースはテカテカした緑色のプラスチック製で高級感のカケラもありませんでした。(実用性重視ということで・・・)

ハードケース 持ち運びサイズ感

・使用感

安定感
 足は本体の3脚での自立+ガスボンベも接地していて、そうそう倒れるといったことは無さそうな印象を受けました。
 直径12.5cmの鍋を乗せてもぐらつくことなく使用できました。 

始動性
 ワンタッチのボタン式で、ガスを出してからボタンを押すだけで簡単に着火できます。
 組み立てた4本のゴトクが風よけのようになっており、屋外での着火性も良さそうです。
 

組み立て性
 組み立ては少し煩雑かもしれませんが、慣れれば問題ない程度だと思います。
 足の3脚を展開するときに、うまくよけないと他の足やゴトクの部分に引っかかる構造になっているので、うまくよけながら組み立てていきます。

鍋は直径12.5cm

・お湯は何分で沸騰するのか? → 約3分15秒

火力を確かめるべく、水を沸騰させるタイムを計ってみると、500mlで3分10秒でした
(写真はタイマーが消えてしまっていました…)

試験条件は以下の通りです

水500ml
ステンレス鍋 蓋なし(ダイソーで買ったもの)
火力MAX
室内

タイム:3分15秒

屋外や気温が低いともう少しかかりそうですが、火力は十分ありそうです。
コーヒー1杯程度だとあっという間に作れてしまいますね

↓組み立てや使い方の紹介もしていますので、ぜひ見てみてください↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました